【ニキビ】#作用編 仕組みを徹底解説!根本から解決するために

ニキビ仕組み
おすすめ!
  1. 前回の記事では、ニキビの原因となる要素を4つ挙げました!
  2. 角質による毛穴の閉塞
  3. 過剰な皮脂の分泌
  4. アクネ菌の繁殖
  5. 1~3に悪影響を及ぼすもの

でしたね♪

前回の記事をご覧になっていない方は、是非ご覧下さい!

【ニキビ】#原因編 仕組みを徹底解説!根本から解決するために
「ニキビを治したい!」 「ニキビを治してモテたい」 など誰しも思うものですよね。私も思ってました。まあ、玉砕しましたが(笑) とにかく、ニキビを治したいなら、その仕組みについてきちんと知ることが大切です。なぜなら、問題を解...

今回は、それらの原因となるものたちが、どのようにニキビを作っていくのかを見ていきます!

おすすめ!

この記事でわかること

今回は、ニキビがどの物質によって、どう出来上がっていくのかを解説します。

なので

何がニキビをどう作り上げるのか

これがわかる記事となっています!

記事の目的

このニキビの仕組みシリーズでは、ニキビが「なぜ」でき、「どう」発展していくのかを知ることで、段階ごとの治療法であったり、予防策について正確にわかるようになることが目的です。

ニキビのでき方

ニキビの原因となるものについては、【原因編】で取り上げました。

その原因たちがどうニキビを作り上げていくのか、見ていきましょう!

毛穴の閉塞

※出典『株式会社良い肌

ニキビができる時に最も初めに通るのは、この毛穴の閉塞です。

なぜかというと、ニキビというのは毛穴が詰まって中の脂などが溜まってできるからです。

ニキビが膨らんでいて、中身があるのが何となくわかりますよね、それが毛穴が詰まっている証拠です!

ただし、決して潰してはいけません!ニキビ跡となり、治療の手間が増えます。

この毛穴の閉塞の原因は二つあります。角質による閉塞と、皮脂による閉塞です。これは【原因編】で原因①②として、取り上げましたね!

この角質及び皮脂による毛穴の閉塞がなければニキビができることは無いと言っても過言ではないでしょう!

皮脂の分泌

毛穴の閉塞が起きた次には、いよいよニキビができ始めます。

まず、出口の塞がった毛穴の中に、皮脂が分泌されます。通常であれば、分泌された皮脂は毛穴の中に溜まることなく肌の表面に出されます。

しかし、塞がってしまった毛穴の場合にはそうはいきません。当然毛穴の中に溜まっていくことになるのです。

これにより毛穴が膨れ、ニキビとなるのです。

しかし、この時点では痛みは伴いません。次のアクネ菌によって、痛みを伴う炎症ニキビとなるのです。

アクネ菌の繁殖&炎症の発生

※出典『第一三共ヘルスケア

アクネ菌はニキビの原因であるということを知っている方も多いかもしれません。しかし、アクネ菌は誰の肌にもいます。

アクネ菌は通常では悪さをしません。増殖した場合に悪さをするのです。アクネ菌にとって皮脂は栄養分であるため、ニキビのできる方の閉塞された毛穴の中はアクネ菌が増殖しやすくなっています!

だから、毛穴の閉塞・多くの皮脂の分泌が起こっている人は、アクネ菌が毛穴内で増殖し、悪さをし始めるのです。

アクネ菌は主に炎症を引き起こします。

これが痛みを伴うニキビになっていくのです。

まとめ

今回は、【原因編】で取り上げた原因がなぜニキビへと変わっていくのかを見ていきました。

次回はできるまでの問題点をつぶしていくことで、正確な予防策について説明していきます!

是非ご覧ください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました